最高のギャンブル戦略とは?

自分のやり方は完璧だとどれだけ強く主張する人がいたとしても、どんなベッティング戦略にも必ず欠陥が存在します。

では、あらゆるベッティングメソッドは無意味なのか?

いえ、中にはメリットがあり、短期的、あるいは長期的な好結果をもたらす戦略もあります。大きな問題は、どのベッティングメソッドに価値があるのかという見極めです。

では、利益を出すためのテクニックをいくつかご紹介しましょう。特定のカジノゲームにしか使えないものもあれば、あらゆるカジノゲームに適用可能なものもあります。

2%でベッティングする

200ドル程度の予算を持ってカジノに出かけ、10~25ドルずつ賭けてプレイする、というのはカジュアルなギャンブラーにありがちなことです。原則として、これが可処分所得であれば、特に害があるようには見えません。問題は、このやり方ではほぼ間違いなくお金を失うということです。

どんな場合でも、予算の2%以下でプレイすべきだということを私はスポーツベッティングから学びました。これは、プロなどが短期的なリスクを減らすために実践していることです。このテクニックは、どんなカジノゲームにも使えます。

マーチンゲール法

マーチンゲール法では、負けるたびに賭け金を2倍にする必要があります。コンスタントに損失をカバーし、わずかな利益を出すという狙いがあります。状況をシンプルに保ちリスクを減らすためにも、マーチンゲール法はイーブンマネーベットに使うべきです。

スキルベースのゲームにおけるマーチンゲール法

マーチンゲール法は非常に危険なベッティングテクニックです。さらに、このテクニックでは胴元の優位は変わりません。しかし、マーチンゲール法の効率性と自分の能力を組み合わせたらどうなるのでしょうか?

DFSやスポーツベッティングのようなスキルベースのゲームでは、このアプローチが成功する可能性があります。十分な専門性があれば、マーチンゲール法で損失を取り戻すだけでなく、オッズを自分に有利な方向に持っていくこともできます。

DFSの大会の難しいところは、サイトに対して追加で10%の参加料を払わなければならない点です。大会の大半で負けていても、マーチンゲール法なら利益を出せる可能性があります。スポーツベッティングの不利な点は、胴元が負けチームの側から10%の手数料を徴収することです。2回以上続けて勝つことができれば、マーチンゲール法で利益を出せる可能性はあります。

バカラのバンカーハンド

バカラでは、バンカー、プレイヤー、タイの3つの中からベッティングを行います。バカラでは、常にバンカーにベットするのが最善の戦略です。なぜなら、バンカーハンドのハウスエッジ(控除率)はわずか1.06%だからです。対してプレイヤーハンドおよびタイのハウスエッジは、それぞれ1.24%と14.36%です。

バカラでは常にバンカーハンドに賭けていればいいので、戦略などを深く考えたくないというカジュアルプレイヤーにとって理想的なゲームです。

バリューベッティング

ある状況において最善の価値を見出し、長期的な利益を得ることを狙うテクニックをバリューベッティングと言います。これはポーカーで使われることが最も一般的なテクニックですが、ブラックジャックのカードカウンティングを説明する際にも使われます。バリューベッティングでは、有利な状況を見極めて利用する能力が求められます。

たとえば、ポーカーでプレイヤーが自分の手札が一番強いと感じたときに、相手の資金をできるだけ失わせるようにベットします。さらに、相手プレイヤーから最大限に賭け金を引き出せるだけの十分な額でありながら、フォールドされない程度に留める必要もあります。

別の例としては、カードカウンティングにおいて場の状況が自分に有利になるまで待つということが挙げられます。そして有利な状況、つまり山札に10やAが多い状況になったら賭け金を上げます。